全国蕎麦製粉協同組合
そば製粉組合概要
そば製粉組合の概要 蕎麦製粉組合員名簿

蕎麦組合員憲章/日本の伝統文化蕎麦製粉業に誇りを 世界のそば文化の創業者になろう

そば製粉組合員名簿へ


全国そば製粉協同組合概要
現住所 〒170-0003
東京都豊島区駒込1-40-4に4階建てのビルを所有
(約390平方メートル)
電話 03-3944-5461
FAX 03-3944-5440
設立 昭和30年組合員数37を持って創立総会を開催し、
蕎麦製粉業者の協同組合として発足した。
現在組合員数53社。
昭和34年協同組合法に基づき農林省により認可された
(蕎麦(そば)製粉業者の団体としては国内唯一の認可団体である)。
出資金総額 19,165,000円(7,666口)
玄蕎麦製粉量 年間約3万トン(53社合計)

全国蕎麦製粉組合の主な事業
  1. 組合員の取り扱う玄蕎麦(げんそば)の共同購買及び販売。
    組合員が購入するカナダ・アメリカ産玄蕎麦(げんそば)(Kade品種のみ)
    の斡旋を行なっている。

  2. 組合員の取り扱う玄蕎麦(げんそば)の共同検査。
    組合員の購入する玄蕎麦(げんそば)の品質の検査を行なっている。

  3. 組合員の事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供。
    組合員に対する各種情報の提供を行なっている。
    組合員の事業に関する広告宣伝活動を行なっている。

  4. 組合員の事業に関する蕎麦(そば)種子品種改良開発
    組合員の求める蕎麦(そば)種子新品種開発のための投資を行なっている
    (於:カナダ)。

全国蕎麦(そば)製粉協同組合組合員は以下に掲げる憲章をその精神的よりどころとし、
広く蕎麦(そば)業界発展のため、企業活動に邁進するものである。